下着を試着していた時、ふと「夜寝る時、ブラジャーはどうしているか」という話になりました。

その時に私が下着屋の店員さんから教えて貰った話です。

 

夜寝る時にブラジャーはするのかしないのか

実は何年か前にもこの話題が出たことがあって、その時は「ノーブラは絶対ダメ!胸が垂れるし、形が崩れるよ!」という話でした。

この話を聞いてから数年、今は「大きい胸を小さく見せるブラジャー」も出るほど、下着業界も変わってきています。

今だったらどんな話が聞けるんだろうと話を聞いてみると、「ノーブラが一番ダメですけど、昼用のブラジャーで寝るのもブラがズレて胸を潰してしまったりしますし、夜のバストの動きに対応していないのでオススメできません。ナイトブラを着用してくださいね」とのことでした。

 

ナイトブラの存在は私も知っていたので、「やっぱり今はそうなんだな」と思いました。

夜寝る時にブラジャーをはずしているとどうなるか

ブラジャーをはずして寝る、つまりノーブラで寝ると、下記の様なデメリットがあります。

 

  • バストの脂肪が脇や背中に流れてしまい、バストが小さくなる・バストが離れたり形が悪くなったりする
  • バストの重みを支えきれずにクーパー靭帯が伸びてしまい、バストが垂れてしまう

 

ノーブラで寝るとワイヤーの締め付けから解放されて楽というメリットがあるんですが、それ以上にバストが垂れてしまったり、形が悪くなってしまうのを招いてしまうデメリットが大きいです。

ちゃんと対策していてもバストは加齢によってやがて垂れていく運命ではありますが、ノーブラで寝る事は自らバストの老化を手助けしているようなものです。

夜寝る時にブラジャーをつけているといいのか

ブラジャー

では、夜寝る時にブラジャーをつけて寝るといいのかといいますと、昔はそれで良かったのですが今は昼に着ている普通のブラジャーで寝ることも推奨されていません。

というのも、昼用のブラジャーは「立ち姿勢を考慮して作られたブラジャー」であって、「横になっている姿勢を考慮」して作られていないためです。

立っている時と横になっている時とではバストへの重力のかかり方が違いますし、バストの動きも変わります。

そのため、昼用のブラジャーで寝るとバストの脂肪に対応しきれません。それだけでなく寝ている間にブラジャーがズレたりしてワイヤーがバストを潰してしまうこともあります。

私もノーブラよりはマシだと思って昼用のブラジャーで寝ていましたが、朝起きるとブラがズレてワイヤーが胸を潰していることもありました(^^;

 

じゃあどうすればいいのかというと、今は夜用ブラジャーである「ナイトブラ」がありますので、それをつけて寝ればいいのです。

続きは下記で書いています。

>>ナイトブラとは?ナイトブラの必要性はあるのか