夜寝る時にブラジャーをして寝るか、それともノーブラで寝るかは人によって違いますが、胸の重みは意外とバカにできないもの。

実は寝ている間に形が崩れてしまうリスクを抱えていることはご存知でしたか?

そんな時に夜寝ている時専用のナイトブラが使えるのですが、ナイトブラをするメリットや特にデメリットが気になりませんか?

 

ナイトブラのメリット、デメリットは?

ナイトブラのデメリット

バツを掲げる女性

1.サイズ選びが難しい、自分に合ったサイズがない場合がある

ナイトブラは夜寝る時専用のブラジャーなので、ホックやアジャスターなど睡眠の妨げになる装飾がついていません。そのためリラックスしやすいのですが、サイズの調整ができないというデメリットがあります。

 

また、昼間用のブラジャーのように細かくサイズわかれしておらず、S・M・Lといったサイズが一般的です。

そのため、購入の時に自分のバストにあったサイズが分かりにくかったり、胸が大きい方に合うサイズがなかったりします。

 

逆にサイズが小さいと、締め付けられて苦しくて睡眠の妨げになることもありますし、大きすぎてもバストを支える役目を果たせないためナイトブラとして機能しなくなってしまいます。

サイズが合わなかった場合は交換に応じてくれる所もあるので、そういったお店から購入するようにすれば特にナイトブラ初心者の方は安心ですね。

2.昼用ブラジャーに比べてデザインが少ない

下着専門店に行くと、たくさんの色やデザイン、バストの形状に合わせたブラジャーが売られています。見ているだけでも凄く楽しいですよね*

ですが、昼用ブラジャーに比べてナイトブラはまだまだデザインが少なく、選ぶ余地がありません。

ナイトブラを愛用する女性が増えて市場が大きくなってくれば、もっとバリエーションが増えて来ると思うのですが、今の段階ではまだまだです。

ナイトブラのメリット

丸を掲げる女性

1.バストのアンチエイジングができる

寝ている間にバストの脂肪が重力で横流れし、脇や背中のお肉になってしまうことを防ぐ効果が期待できます。

また、ナイトブラはクーパー靭帯を守ってくれるため、バストが下垂してしまうのを予防してくれると言われています。

寝ている間もナイトブラでしっかりバストを支えることで、歳を重ねても綺麗なバストを維持しやすくなり、アンチエイジングに繋がります。

 

2.バストの形を整えてくれる

昼用のブラジャーを試着する時、スタッフの方が背中や脇の脂肪をバストに集めてきてくれませんか?これはブラジャーの正しいつけ方ということもあるのですが、実はバストは形状記憶してくれる部位とも言われているからなんです。

つまり、バスト周りの脂肪をバストに集め、ブラジャーでしっかり支えることで徐々に脂肪が「ここが私の居場所」と記憶してくれ、バストアップに繋がったり、綺麗な形に整えることができるんです。

ナイトブラは夜寝ている間のバストの脂肪が流れてしまわないようにするだけでなく、支える働きもしてくれますから、寝ている間にバストの形を整えることで、「離れ乳の予防」や「バストの形を整える」といったことが期待出来ます。

3.昼用のブラジャーで寝るよりもリラックスできる

ノーブラで寝ると肌着とこすれて痛かったり、昼用のブラジャーで寝るとワイヤーが痛かったり、朝起きた時にズレてしまっていたりします。

ですがナイトブラはノンワイヤーでストレッチ性に優れた素材で作られており、楽に付けることができます。

締め付けがないと余計なストレスが無いのでリラックスして眠ることができますし、血液やリンパの流れも良くなるので人によっては冷えの改善や肩凝り改善に繋がったりすることもあるようです。

 

ナイトブラのメリットとデメリットを理解した上で、ナイトブラでバストアンチエイジングすることを考えてみてくださいね*

 

このブログ内の関連記事