生理前に胸が張る、痛みを感じる女性は約2~3割いるそうです。これは女性ホルモンの影響なので病気ではありません。

なので必要以上に心配する必要はありませんが、胸がちょっと揺れただけでも痛かったり、ブラジャーが苦しかったり、擦れたりして痛くなったりとつらいですよね。

どうして生理前に胸が張って痛くなるのか、そういう時はどんなブラジャーをすれば負担が少ないのか知りたい方はぜひ読んで行ってください。

生理前に胸の張りや痛みがある時は締め付けの少ないブラジャーがおすすめ

生理前に胸が張って痛くなる原因は女性ホルモンの影響

生理前に胸が大きくなったような、固くなったような、張ったような感じがして痛みを感じるのは、PMSの身体的症状の1つです。

 

PMS(月経前症候群)は生理の3~10日くらい前から現れる不調のことで、

  • イライラする
  • うつっぽくなる
  • 集中できない
  • だるい
  • 肌荒れ、ニキビができる
  • 頭痛

などといった、精神的なものと身体的なものがあります。

PMSには200種類以上の症状があると言われており、胸の張りや痛みもこれに含まれます。

 

胸に痛みを感じて胸をおさえる女性のイラスト

 

また、PMSの出方には個人差がありますので、「私は胸が痛くなるのに、友達はなんともない」という場合でも心配しなくて大丈夫です。

もしかしたらそのお友達は他の症状で悩んでいるかもしれませんし、時々ですがPMSの症状が全くないという方もいらっしゃいます。とにかく個人差があるので気にしないことです。

ちなみに、私は生理前になると、

  • 体がだるい、疲れる、重い
  • 集中できない
  • やる気が出ない
  • ニキビができる
  • 食欲旺盛になる
  • 胸の張り、痛み

といった症状が出ます(-_-;)

これがほぼ毎月ですから、女ってホント大変ですね。。。

 

このPMSですが、女性ホルモンの影響で引き起こされると言われています。

生理前は「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2つの女性ホルモンの分泌がどんどん増え、出産に向けて準備を始める時期です。それによって母乳を出すために関連する胸の組織が刺激されるため、痛みや張りを感じやすくなります。

生理が始まるとこの2つの女性ホルモンの分泌量は減るため、1~2日のうちに胸の張りや痛みを感じなくなります。

私も大体は生理前数日から胸の張りや痛みを感じるようになり、生理が始まると何ともなくなります。

 

その他、治療や避妊目的などで飲む「ピル」で胸の張りや痛みを感じるようになることもあります。ピルのよくある副作用の1つです。

ピルは人工的に生理前の状態を作り出すお薬なので、PMSのような症状が出ることがあるようです。

もしピルを飲み始めてから胸の張りを感じるようになったのであれば、体がピルに慣れると落ち着くと思いますが、副作用は副作用なのでお薬を出して貰ったところに相談されると良いでしょう。

生理前に胸が張って痛い時の対策

実は生理前のPMS改善には色々有効な方法があることが分かっています。

【薬で抑える】

  • イライラ、落ち込みなど→精神安定薬
  • むくみ→利尿薬
  • 頭痛→鎮痛薬
  • 漢方や西洋ハーブ(チェストベリー)
  • ピル

【生活習慣を改善する】

  • 規則正しい生活リズム
  • 適度な運動
  • ストレスを減らす
  • カフェインを極力避ける
  • 禁煙する
  • 体を温める(お風呂、腹巻、運動など)

 

薬なら不快な症状を一時的にではありますが抑えることができるので、辛くてしょうがない時は無理せずに飲んだほうが良いです。

服薬する女性のイメージイラスト

ただ、薬はあくまでも対処療法にすぎず、生理前に胸が張ったり痛んだりする直接の原因を解決してくれる訳ではありません。なので生活習慣を見直すことが大事です。

特に、「運動」「カフェインを減らす」「食生活」は研究の裏付けもあるので、できる所からやってみてください。

 

私はコーヒーや紅茶が好きで仕事しながら良く飲むので、ノンカフェインやローカフェインにしたり、カフェインが入っていない飲み物を飲むようにしたりと意識しています。

また、軽い運動ですがウォーキングもして、生理前は腹巻もしています。

これだけでも少しマシになったと感じますので、本当にできる範囲でいいのでやってみてくださいね。

生理前に胸が張って痛い時は、締め付けの少ないブラジャーを選んでみて!

それから、締め付けの少ないブラジャーを着けてみてください

 

下着姿の女性のイラスト

 

胸の痛みがある時は、

  • ワンサイズ胸が大きくなっていつものブラのサイズが合わない
  • ガチガチに固くなって普段のブラは着けられない

などが原因で、ブラトップやノーブラで過ごしてしまう方もいらっしゃるようですが、胸が揺れると却って痛いのでブラは着けた方が良いです。

かといって、ワイヤー入りのブラジャーだと体に負担がかかりますし、サイズが合わないなどの問題もありますのでこちらもNGです。

 

なので、胸の張りや痛みがある時は、

  • ノンワイヤー
  • 体にフィットする
  • バストをサポートする機能がある

ブラジャーを着けるといいのですが、色々あるノンワイヤーのブラジャーの中でも特にナイトブラがおすすめです。

 

ナイトブラは名前の通り”夜寝る時に着けるブラジャー”のことです。

夜用というだけあって睡眠を妨げない作りになっており、締め付け感がなくリラックスして着られるのに、バストをしっかり支えてくれます。

寝ている女性

また、ナイトブラには一般的なノンワイヤーのブラジャーにはない大きなメリットがあります。

それは、夜寝ている時のバストを支えてくれるということ。

寝ている時もバストを支えられるので寝返りなどで胸が動きにくく、胸が動いた拍子に胸に痛みを感じにくくなります。

それから、ナイトブラは何も夜だけしか着けてはいけない訳ではありません。

ほとんどのナイトブラは昼間も着けられるので、普段使っているブラの代わりに昼間も着けられます。

生理前は普段のブラジャーを着けるのが辛いという時でもナイトブラならだいぶ楽です。

 

更には、ナイトブラをすることで寝ている間のバストの横流れを防ぎ、垂れや型崩れを防ぐことができます。

もちろん、既にバストが垂れてきた、形が悪くてどうにかしたいと思っている状況でも役立ちます。

 

ナイトブラ以外のノンワイヤーブラでも胸に負担をかけずに優しく支えてくれますが、夜横になって寝ている時の胸までは支えることができないので、どうせなら24時間使えるナイトブラの方がお得でおすすめです。

 

じゃあどんなナイトブラがいいのかという話ですが、おすすめのナイトブラはいくつかあります。

その中でも、生理前の胸が張って痛い時におすすめするなら、Viage(ヴィアージュ)ビューティーアップナイトブラです

Viageビューティーアップナイトブラ

他のナイトブラだと、リラックス感はあってもバストを支える意味ではちょっと弱かったり、逆にバストをしっかり支えすぎて普段はいいけど生理前の胸が痛い時は向いていなかったりします。

が、ヴィアージュはサポート力とリラックス感のバランスがとても良く、着心地もソフトなので生理前に胸が張って痛い時でもおすすめできます^^

 

ヴィアージュビューティーアップナイトブラについてはこちらに口コミを書いていますので、読んでみてください。私が実際に購入した時のレビューを写真付きで書いています。

また、ヴィアージュのサイズの選び方やサイズ感についてはこちらにまとめていますので、併せて参考にしてください。

 

その他の選択肢も欲しいという方は、「長時間フライトの時、機内で着るのにおすすめのブラジャー」も参考にしてみてください。他のナイトブラを紹介しています。

が、基本的にはやはり生理前の胸が痛い時はヴィアージュがおすすめです。

 

ナイトブラをして生理前の胸に負担をかけにくいようにして、あとは生活習慣の見直しも出来る範囲でやってみてくださいね^^

私の様に多少はマシになるかもしれませんよ。

 

【関連記事】